○ 初めての方へ

2016年5月24日更新

 初めて参加される方から、よく聞かれることをまとめてみました。≫ システムや費用などの詳細は、『ご参加に際して』をお読み下さい。

 不安なことや心配なことがあれば、お気軽に『問い合わせ』よりご連絡ください。

Q:初めて参加します。申込みは必要ですか?

 
 申込みは必要ありません。初めて参加される場合にも、とくに明示がない限りは、事前申し込みのないまま当日各会場で受講くださってかまいません。

Q:初めて参加する場合は、どの会へ参加すれば良いですか?


 はじめは、主宰者・千賀一生の講習会、あるいは講師の先生方の講習会へご参加ください。むらは、立候補制での趣味的な会ですので、わの舞を充分に理解している人が主催しているとは限りませんので、初めての方にはお勧めできません。可能な限り講習会からご参加ください。

 

 私事ですが、私は千賀先生の講習会へ通って世界観が変わりました。言葉ではうまく表現できないですが、いろんな講習会やセミナーへ通っても得られなかった成長を偶然に出会ったわの舞というものから経験し、踊りを通して自分が本当に求めていた自分になることが出来ました。

 

 特に、関東圏の方は、千賀先生の講習会に参加しやすいと思うので、(初心者講習会か一般講習会を)ぜひお勧めさせて頂きたいです。

Q:費用はどれぐらいかかりますか?

 

 地域や講習の種類によって異なります。≫詳しくは、『ご参加に際して』をご参照ください。

 わの舞は、みんなが定期的に通えるようにという思いで運営されています。そのため、継続的に通いやすい費用だと思います。遠方割引や家族割引等もあります♪ 一般の講習会は高校生以下の方は無料でご参加頂けます。

Q:必要な持ち物はありますか?

 多少、汗をかきますので、着替えを用意することをおすすめします。なくても大丈夫です(^-^)/

 通常、裸足で行いますので、靴はいりません。

水分補給の飲み物や、汗拭きタオルを持ってこられる方が多いです。

Q:踊りをしたことがないですが、大丈夫ですか?

 

 はい、大丈夫です。踊りをしたことがない方も安心してご参加ください。わの舞経験者のほとんどは、踊り初心者です。身体をほぐしたり、軽く運動をする目的で通われている方もいらっしゃいます。

 「踊り」というと、躊躇してしまう人も多いかもしれないですが、やってみるとすごく気持ち良くて、楽しいものです。興味があるけどちょっと・・という方は、見学だけすることもできます。

 はじめはドキドキすると思うのですが、ぜひ一緒に踊りましょう。

Q:どんな服装で参加したらいいですか?

 

 ゆったりとした動きやすい服装がいいと思います。準備運動で開脚をしたりしますので、スカートの方は下にスパッツなどを履かれるとよいと思います。

 自然素材や草木染めの衣類に身を包むと気持ち良いという理由で、そういう布を使った服を着るいる人もいます。

 決まりはありませんので、ジャージのようなものでも何でも大丈夫です(^^)v

 *こちらもご参考に≫『ご参加に際して

Q:子どもを連れて行ってもいいですか?

 

 基本的には、大人が参加している会ですので、講習会の妨げにならないようなご配慮を頂いています。

 声を出したり落ち着かない場合、会場外でお待ちいただくなど、細やかな配慮の元でしたら、お子様連れでの参加も大丈夫です。

 わの舞は、日本の「道」の文化に通ずる「静寂さ」を大切にしています。それは、茶道の世界にあるような「しーん」と静まった雰囲気に少し似ているかもしれません。

個人差はありますが、小さなお子様でも、そんなわの舞の空気に触れると、しんと静かになったり、落ち着いた振る舞いをされています。

Q:体力に自信がないのですが・・・(´・_・`)

 

 わの舞の講習は、体力のない方でもまったく大丈夫です。

 一般的な踊りに比べて講習時間が長いのは、体作りにゆったり時間をかけるからで、体力に自信のない方も大丈夫です。

 すべての踊りを踊らなければならないわけではありませんので、自分のペースで自由に休憩しながら参加できます。

 わの舞の大半の踊りはフォークダンスよりもゆっくりですので、体力に自信のない方は、速い動きの踊りは休憩しながら参加されるといいです。

 今まで、90代の方も楽しく踊りましたし、車椅子の方もできる範囲で楽しんでいました。

 体力に自信のない方こそ、ぜひご参加ください。

Q:踊りの会というと、参加者は女性ばかりでしょうか?運動不足で体も硬い男性でも大丈夫でしょうか?(´・ω・`)

 たしかに踊りの会というと女性ばかりのことが多いものですが、わの舞は、踊りの会としては、日本でも最も男性の参加者が多い団体の一つだと思います。

 男性のみのクラスも何度か開催されています。

 踊りはじめはぎこちなく感じられるかもしれませんが、見せる踊りではないので、それぞれのペースで楽しんでいただけます。

 自分が踊るなんて思ってなかった…なのに今はみんなで踊ることが楽しくて仕方がない、という方がたくさんいらっしゃいます(*^^*)

 男性女性とも、安心できる空間だと思います。 

 

Q:参加者の年齢層は?

 

 年齢層は幅広く、20代から60代、70代の方もいらっしゃいます。10代の方も時折参加されたり、90代の方も参加され、一緒に踊りました(*'▽'*)♪

 小学生の学童保育や、高校の授業でも、わの舞が踊られています。幅広い年齢層の方が楽しめる会だと思います。 

 北海道から沖縄~各地から参加される方がいらっしゃり、職業や年代も様々ですが、初めての方でも安らげる雰囲気があると思います。

 

 農作業をしていたり、古民家で自給自足的な生活をされていたり、食や着るものなども自然なものをもとめている方が多いと感じます。

 会の雰囲気などは、「わの舞リポート」などもご覧頂ければと思います(*^^*)

 

○ 初めて参加される方へ

 人は目に見えるものにとらわれます。

踊りをしますと言うと、踊りという先入観にとらわれます。

 しかし、わの舞でやっていることは、踊りであって踊りではありません。わの舞で行なうことのすべては、よりよい心の世界を体得することです。それを、わの舞では、宗教のような信じるという心の努力ではなく、体を通して実現してゆきます。

 

  現代人は、体ごと真理を把握する感覚を忘れています。どうやったらよりよい次元につながることができるのか、それを、わの舞では体で体験し、体で把握します。

 

 気が付いたら、自分で自分を整え、空間を変えることができ、高い次元につながる自分になっていた。そんな変化をわの舞の継続的参加の者たちは経験しています。

 

 講習は、現代人がそこへと至ることを目ざすものですので、現代的講習スタイルではありますが、そこで形成されてくる空間は、太古の時代と変わらない不変の空間です。

 最初は、その空間を認知することさえできないかもしれません。しかし、継続的に体験することで、頭より先に、体がそれを認知し、体が把握するようになります。そして「気が付いたら…」という、頭の認知へと至るのです。

 

 それには継続性が必要です。1回で把握できる世界ではないことをご理解の上、はじめての方はご参加ください。

 

千賀一生