○ わの舞講習会とは

2016年1月9日更新

わの舞は、「わの舞講習会」と、「わの舞むら」の二つから構成されています。詳しくは『ご参加に際して』をお読みください。

「わの舞講習会」は、

一、千賀一生の講習会

二、講師、准講師による講習会

       の二つがあります。

 *講習会の日程はこちら≫『千賀一生の講習

              『わの舞講師/准講師クラス

一、千賀一生の講習会

千賀一生による講習会です。全て講話も含まれた講習会となっています。

現在下記のような講習を設けています。

わの舞初心者講習
わの舞一般講習

公式指導者講習

特別企画

※下に講習会概要をいくつか掲載しています。

 

わの舞《初心者講習会》

(東京近郊のみのクラスです)

初めて参加される方は、どの講習会もご参加いただけますが、可能であれば、初心者講習会からの参加が望ましいです。

初心者講習会は、 2013年1月以降に入会された方と、初めて参加される方が参加対象となります(入会制度のない地方の方はご参加いただけます)。

踊り未経験の方も安心してご参加ください。 

 

わの舞《一般講習会》

初めての方も、どなたでもご参加いただけます。

 

「龍神の舞」は運動量が多いため、龍神の舞を含む講習を行う時はその旨記載していますので留意してご参加ください。途中、休んでいただいても大丈夫です。「龍神の舞」は他の三つの舞とは異なり、基本的には、十代から二十代前半位の方を除いて、三つの舞を習得した方が次の段階として進むのが理想的です)

 

わの舞《公式指導者講習会》

わの舞をより深く学ぶ会です。

指導者講習会と名前がついていますが、わの舞を深く学びたい方は誰でも参加することができます。 

時代をリードするあり方や人間の真のあり方について、このクラスでは深く学ぶことになりますので、学んだ内容は参加者の大きな財産になることと思います。
 
公式指導者講習会では、朝から夕方まで、踊りを通して人間の体や心についてみっちり学びます。3、4年続けた人の中には、顔を見ても同一人物であることが分からないくらいに輝きが生まれる人が少なくありませんが、これは、変化というよりも本来のままのその人を実現するからです。


ただそこにいるだけで、その人の何かに魅了され、未知の世界をその人に感じられるようなそうした存在になることを目指しています。その意味で、リーダーになるために必要な本質を学ぶ会でもあります。こちらには掲載していない会員限定の講習会も時折行われています。 

◎和服の日
 和服を着て舞う会です。着物、浴衣、袴など和の衣装を身に纏い、より日本的なわの舞を踊ります。

特別企画

 

餅つきわの舞

 土間のある古民家で生まれ育ち、折にふれお餅つきを経験してきた千賀一生による日本古来のお餅つきを体験していただきます。お餅つきの神聖さを肌で感じながら、つきたてのおいしいお餅をみんなで頂きます。 

わ飾りわの舞

 一年の終わりに新しい年を迎える準備をして、藁でわ飾りを作ります。千賀一生がお祖母様から伝えられたわ飾り作りを、わの舞会員が育てた無農薬米の藁を頂いて、みんなでわになり作ります。

 

その他

 中心軸を把握するバーレッスン

 合宿

 全国大会

  など 随時HPに掲載します。

二、わの舞講師、准講師の講習会

 千賀一生より認定を受けたわの舞講師による講習会です。基本的に初心者クラスとなります。